SOMETHING BROWN

2017 / 10
09≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 ≫11

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 コメント:- トラックバック:-

段取り上手

2012/02/18(Sat) 12:00



どんぐりが せんめんじょで かおあらってる。

どこか でかけるみたい。 また かふぇに いくのかな。

それとも ぼらんてぃあかな。

まず といれいって すっきりしてから

おするばんの いつものばしょに さきまわり。

ここでまってれば ゆたんぽいれてくれるからね。


おりこうさんなところを あぴーるして かりかり もらっちゃお。





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

昨年末にご紹介した、私がいま参加している写真再生のボランティア。

1月初旬に、YouTubeでご紹介した街の写真再生が終了し
1月末から、新たな街の写真再生プロジェクトにとりくんでいます。

街が変わると、写真の被害も、かわる。

高齢者世帯が多い地域だったのか
モノクロ写真が多く見受けられます。

もともと経年劣化しているところに
津波で海水と砂が混じり込んでしまい 
(この砂が前の街より細かく苦戦しています)
そのまま11ヵ月も放置されていたのですから、ひどい状態です。
ほとんどのアルバムの台紙は腐り、砂まみれで
砂を払うまでは、写真がどこに貼ってあるのかも分かりません。
黴とホコリの匂いが、鼻をつきます。

アルバムの台紙からはがそうとすると
まるで薄いガラスが割れるように
ぽろぽろと崩れ落ちてしまう画像。

アルバム台紙のフィルムの方に転写してしまった画像。

写真同士がぴったり貼りあわされてしまったかのように
くっついているもの。

以前の街より、再生作業は細心の注意と時間を要し
それでも救える写真は、残念ながら、少ないのです。

先日、世界報道写真コンテストで入賞した作品 には
がれきの中から捜し出した娘さんの卒業証書を
手にして微笑む女性の姿が。。。
きっとご家族に 「見つけたよ」 と報告しているのでしょう。

被災者の方々記憶を繕う・・・
この女性の光さす表情に、写真再生の果たすべき役割を
あらためて教えられました。

このところ、救えなかった写真の数だけ無念が重なり
つらい作業が続いていましたが
いま、背中をグイと押された気分です。

一歩 また前へ。


茶色さん かんがえる コメント:14 トラックバック:-
コメント:
--ユリウスさま--

ざんねん、ハズレです^^;
茶色さんはお迎え、全くしてくれません。
そして私が帰宅したときは、いつもご機嫌ななめです。
(過度に構われるのはイヤだけど一人にされるのはもっとイヤ…笑)

あたたかいお言葉、ありがとうございます。
私もいつも『この写真はどなたかの大切な一枚かも…』と
思いながら作業をしています。
ですので、ほとんど画像が消えかかってしまっているものでも
ほんの少し画像が残っていれば、必ず再生するようにしています。
その一枚が被災者のお力になれば、これほどうれしいことはありません。

ボランティアをしてみて感じたのですが
これって、やはり自分のためだと思うのです。
語弊があるかもしれませんが、崇高なる自己満足かな・・・と。
作業を通じて、いのちについて、運命について、自然について……
本当にいろんなことを考えさせられ、学ばせていただいています。
きっとボランティアをしていらっしゃるみなさん
そう感じておられるのではないでしょうか。
by: donguri* * 2012/02/21 01:33 * URL [ 編集] | page top↑
----

茶色さんはクールですね(笑)
でもママが帰ってきたら玄関で待ってるタイプでしょう(^-^)

写真のこと、全く音痴なんですが、大変な作業をコツコツと続けてらっしゃるんですね。
自分じゃない誰かの笑顔のために頑張っておられるdonguri*さん、尊敬します。
たとえ一枚でも修復できたら、もしかしたらその一枚は持ち主の方が一番大切にされていた写真かもしれない…。
そう思うと私も、一枚でも多くと祈ります。
by: ユリウス * 2012/02/20 02:19 * URL [ 編集] | page top↑
--染家うさ子さま--

何をおっしゃいますやら、ご謙遜。
うさ子さんのお子様も、みなさん日本語理解力、判断分析力、対応力に
すばらしく長けていらっしゃるでしょう。。。オホホホホ
(なにかPTAの明け透けな褒め合いになってきた~笑)

愛しい人たちとの思い出に 大きなパワーがある…というお話を
うさ子さんから伺うと、非常に重く思います。
被災者の方も、きっときっとそう感じていらっしゃるでしょう。
一枚一枚の写真を出来る限りていねいに仕上げ
お手元に届けたいと思います。
いつも力になるお言葉、ありがとうございます。

おー 結局、お引っ越しされることになったんですね。
それは大変でした。 おつかれさま~。
遊びに行かせていただきますネ。楽しみです♪
by: donguri* * 2012/02/20 02:10 * URL [ 編集] | page top↑
--qmelyneさま--

茶色さんは我家に来たときから
お留守番の場所が決まっていまして、私のベッドの上です。
たぶん茶色さんは『コレ わたしのベッドよ』と思っているでしょう^^;

その後、タワーにはまだ自力で上っていませんが
私の目の届かないときには上っているかも。。。笑
元々そういうスリルを愉しむのが、彼女は大好きなんですよ~。

ボランティアは、現地ではなく、遠隔支援です。
私の参加している団体の主催者が現地に赴き
被災アルバム・写真をお預かりしてきて、こちらの作業場で再生し
その再生したものをお届けする…というシステムです。

写真の立場になって考えたこと、、、なかったです。
qmelyneさん、お優しいですねぇ。
仰る通り、そのまま打ち捨てられるよりは
人の手を経て、惜しまれつつ廃棄されたほうが救われるかも。
今度から、そのように考えることにします。
ほんとうにありがとうございます。
by: donguri* * 2012/02/20 01:55 * URL [ 編集] | page top↑
--うちにゃんさま--

アイデア、どうもありがとうございます。
そのお心が、うれしいです。
残念ながら、今回は特に水分で溶けてしまいそうな画像が多いので
一部のものを除き、洗浄やつけおきができないのです。
アルバムごと全部洗えたら、どんなにさっぱりすることでしょう。
叶わぬ夢ですが、そういう夢を見そうなほど
今回の写真の状態は悪いのです。

ほんと・・・人肌のぬくもりは、すべてのものを癒し、緩めてくれますね。
写真が持ち主のみなさまの元に戻り、心が解けることを祈っています。
by: donguri* * 2012/02/20 01:31 * URL [ 編集] | page top↑
--pukukittyloveさま--

コレ、かなりおすまし顔に撮れちゃいましたね~。
茶色さんは、もうすぐ9歳ですが、年相応の落ち着きというか。。。笑

私への応援もありがとうございます。
pukukittyloveさんが日々頑張っていらっしゃるように
私も私なりに頑張ってみます。
by: donguri* * 2012/02/20 01:17 * URL [ 編集] | page top↑
--ももちゃんのママさま--

お気遣い、どうもありがとうございます。

茶色さんといると、万事こんなかんじなので
ほんとうに猫さんと暮らしている感じがしません。。。笑

寒さの中にも、陽ざしの輝きに春の気配、
見つけられるようになってきましたね~。
(私は主に花粉からですが…^^;)
季節の変わり目、ももちゃんのママさんもお風邪など召されませんように。
by: donguri* * 2012/02/20 01:14 * URL [ 編集] | page top↑
--ムーンちゃん&たまごさん様--

ムーンちゃん、だれもいなくなると、おもちゃくわえてさわぐのね。
じつは わたしもね。。。うふふ これいじょうは ひみつ。
おりこうのふりしてるだけなの。
にんげんは だまされやすいからね。


震災から、もうすぐ一年になりますね。
たまごさんにとって、この一年は本当におつらかったと思います。
ご自身が窮状にある中での
被災されたすべての命に対する思いやり・・・敬服します。
苦境にある人、そしてそれを乗り越えた人は
他者にも優しくなれるものですよね。

今回のプロジェクトは、各地でも最後の方にあたり
これまで各地で培われたノウハウが
再生に生かされていると思います。
ほんとうに微力ながら、私もできるかぎりのことを続けさせていただきます。
by: donguri* * 2012/02/20 01:03 * URL [ 編集] | page top↑
--No title--

自分のすべきことをしっかり理解している
茶色さんの聡明な表情に見とれちゃいます~(〃 ̄ー ̄〃)
留守中、はちゃめちゃやってなきゃいいけどって
心配されるどこかの子達とは大違い(笑)

救えた数がたとえ少なかったとしても
donguri*さんが再生されたお写真の1枚1枚は
必ずどこかのご家族の心を癒し、笑顔にし
前に進む力になっていると思います

見つけ出された卒業証書もそうだけど
愛しい人たちとの思い出っていうのは
本当に大きなパワーがありますよね

私事ですが、おかげ様で作業が終わりました
(結局引っ越しすることに(;^-^A)
またお時間のある時にでも
是非、遊びにきてくださいね~(*´∇`*)
by: 染家うさ子 * 2012/02/19 20:36 * URL [ 編集] | page top↑
--No title--

茶色さんはお留守番の場所があるのですね
カリカリもらって温かい湯たんぽの上でdonguri*さんのお帰りを待つのマネフをしつつ単独でタワー見学会をしているということはありませんか? その後の茶色さんとタワーの関係が気になっておりました。

ボランティアは現地に赴いての作業なのでしょうか?
再生できるものは少ないとのことですが、残念ながら再生できないものも写真の立場?からすると人の手で処置してもらうだけでも救われると思います。大変な作業ですが心をこめた作業は意味あることだと思います。 
ボランティアに参加できなくて申し訳ありませんがdonguri*さんよろしくお願い致します。
また再生できたものを見て喜ぶ人もいらっしゃいますので頑張ってくださいね。応援しております。
by: qmelyne * 2012/02/19 08:51 * URL [ 編集] | page top↑
--No title--

本当に、素人考えで申し訳ないのですが、アルバムごと、ぬるま湯に5分ほど浸したら砂が緩みませんかね?

大事なモノ、固く閉ざしてしまった物(心も?!(ΦωΦ)フフフ…)を緩めるのは、人肌が一番です。。。どうか、無事に解れて、持ち主の心も解れますように~(人∀・)
by: うちにゃん * 2012/02/19 00:51 * URL [ 編集] | page top↑
--No title--

こんんばんは♪

茶色さんのあまりの美しさに「わおぉっ」って声出しちゃいましたよ♪

ボランティア、応援していますね(^_-)-☆
by: pukukittylove * 2012/02/18 19:13 * URL [ 編集] | page top↑
--どちらも頭が下がります--

茶色さんにはその頭の良さに、
ドングリさんには地道な作業に。
今日はとてつもなく寒いです。
茶色さんはゆたんぽで、
ドングリさんはあまり無理なさらずに
お過ごしください。
by: ももちゃんのママ * 2012/02/18 18:43 * URL [ 編集] | page top↑
--祈り、春へ、前へ--

ちゃいろさん、ほんとにおりこうなおねーさんだね♪
ムーンは こまったちゃんだから だれもいなくなるとおもちゃくわえて おおさわぎ!! ちゃいろさん、おりこうの ひけつは かりかり? こんどおしえてね♪

まもなく一年...未だお家に帰れない行方知れずの命、猫ちゃん、わんちゃん...一年を前に帰って欲しい、戻って欲しい!
大震災後、津波にも耐え、写真が残っていることに驚きました。
家族が写真業で、昔の写真の再生等もやったりしていましたが、そういう技術が今回活かされているのですね..
其々の瞬間を語る写真...ボランティアの皆様のご尽力に感謝ばかりです。
復興地の片隅から御礼申し上げます。ありがとうございます!
by: たまごさん&ムーン * 2012/02/18 14:30 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

Next Home  Prev

プロフィール

donguri*

Author:donguri*
まいにち みつける 茶色な しあわせ

茶色な愛猫
(通称:茶色さん♀)
一杯の紅茶
焼き菓子とおいしいパンたち
手のひらいっぱいの木の実
異国で拾った石
茶色にかこまれ暮らしています

写真は2011年8月頃までは
IXY 910ISで
2012年末頃までは IXY 31Sで
それ以降はNikon 1 J1で撮影しています
(一部スマートフォン撮影も)

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。