SOMETHING BROWN

2017 / 06
05≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 ≫07

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 コメント:- トラックバック:-

ラテアート

2012/03/13(Tue) 12:00
035a0002.jpg


カップに入ったエスプレッソに
とぽとぽとぽ・・・とフォーミングミルクがすばやく注がれて
リーフとハートが浮き上がる。

女性バリスタの手さばきを間近に見ながら
フリーポア・ラテアート観賞。
Cafe Elliott Avenue (横浜)


※フリーポア・ラテアートをつくるところを見たことがない方は
こちら の動画をどうぞ。
(このお店とは無関係な方の作品ですが とても美しい仕上がりです)


0480003.jpg


ラテアートを崩さずにカプチーノを少しづつ啜っていたら
「これ、そのまま召し上がってみてください」 と
バリスタが二種類のコーヒー豆を持ってきてくれました。

このカフェでは
シアトルの Espresso Vivace で焙煎された豆 (写真左) と
国内で焙煎された豆 (写真右)、
両方のエスプレッソ系ドリンクを飲むことができるのです。
(私はEspresso Vivaceを選びました)

シアトルからの豆は空輸なので、国内焙煎に比べお高め。

でも豆のツヤや、ふっくらした感じ
カリっと噛んだときの香ばしさ
雑味のない味を確認すると
やはりEspresso Vivaceのをチョイスしてよかったかな……
という気になります。
(豆をお客様に出すということは、お店にも相当な自負があるのでしょう)

シアトル仕込みのしっかりした苦味のあるカプチーノ。
昨年夏訪れたシアトルではEspresso Vivaceは訪問しなかったのですが
私の飲んだ中では Stumptown Coffee Roasters に近いかな、と思いました。



お店のすぐ前に見える氷川丸は
その昔 横浜⇔シアトル航路の客船でした。
店内には1950年代の氷川丸の写真も飾られています。


0230001_20120309070038.jpg

横浜のおみせ コメント:10 トラックバック:-
コメント:
--pyokoさま--

ラテアートつくるところ初めてご覧になりましたか。
じゃあビックリされたでしょ♪
たぶん、最初は偶然だったんじゃないかと。。。
ラテをつくるときにミルクを注いでいたら
なにやら模様っぽいモノができちゃった…というのが
始まりではないでしょうか。

コーヒー豆、ほんとつやつやでした。
カリっと噛んでも、とても香ばしくておいしかったですよ~。
by: donguri* * 2012/03/15 02:05 * URL [ 編集] | page top↑
--染家うさ子さま--

あの動画、かなり上手な方だと思うのですが
ほんときれいですよね~。
流れができたかと思うと、一気にリーフ(ロゼッタ)になっていって。
ほんと手品を見ているみたい。
うさ子さんはご存知だけど、私、超不器用でしょ。
だから、あーゆー器用な方は、もう手ばなしでソンケイします。

ショボいラテアートは、哀しい。。。笑
きっとまだ作り慣れないスタッフさんだったのかな。
またそれテレビで紹介しちゃうところがローカルらしい。
平和ですな^^;
by: donguri* * 2012/03/15 02:00 * URL [ 編集] | page top↑
--qmelyneさま--

qmelyneさんもラテアート愉しまれたことおありなんですね^^
ハートだったかしら、リーフだったかしら。。。
たとえば同じカプチーノでも、ラテアートがあるのとないのでは
かなり飲むときの気分が違いますもんね。おいしさまで違うような♪
あらためて“食”は見た目も大切だなぁ、と思います。
いつかいつかqmelyneさんも本場シアトルのラテが飲めますように。

横浜、私も好きな街なので時々行きたくなります。
いろんな雰囲気の場所がぎゅっと詰まった感じがいいですよね。
お店紹介、楽しみにしてくださってありがとうございます。
by: donguri* * 2012/03/15 01:51 * URL [ 編集] | page top↑
--No title--

初めてじっくり見ました~
これ考えた人すごいですね!
コーヒー豆つやつやでいい香りしてきそう(^▽^)
by: pyoko * 2012/03/14 23:50 * URL [ 編集] | page top↑
--No title--

donguri*さんがご紹介されているラテアートの動画を見てきました
まるで優雅な手品ですね~(*´∇`*)
きっと動画を見る私の顔は、デパ地下で
食品の実演販売を見てる子供みたいにワクワクしていたに違いない(笑)

数日前に、地元の情報番組でカフェの紹介をしていて
そこにラテアートが登場したんですが
レポーターの方が「これハートじゃいんですよ、ウサギです
ここが耳で...」って一生懸命説明しちゃうくらい
ショボかったんです(;´▽`A``
逆に新鮮でした(笑)
by: 染家うさ子 * 2012/03/14 14:05 * URL [ 編集] | page top↑
--No title--

donnguri*さんはまたおしゃれなラテをのんでいらっしゃるな~とためいきまじりに記事を読んでいたら・・思い出しました!数年前かわいいカフェでラテアートがほどこされたカプチーノを飲んでいた事を♪近くにもありました。しかし街を散策しながらちょっとていう場所ではないので自分のお店リストからはずれていました。
日常はレイニア山のマークのカフェラテを飲んでいます(^^)
本場シアトルのものを飲んでみたいのとお店の雰囲気も味わいたいです。でもちょっと無理なのでdoguri*さんのブログでそんな気分~♪フフ~ン♪

donguri*さんは横浜へもよくいかれるようですね。
私は数年に一度思い切って行きます♪素敵で楽しい街ですよね♪
お店の紹介楽しみにしております。

by: qmelyne * 2012/03/14 09:20 * URL [ 編集] | page top↑
--たまごさん様--

あぁ、その女性、長野のお店の方でしょうか。
日本人は器用なので高い技術を持ったバリスタが多く
世界大会でも優秀な成績をおさめてらっしゃる方がたくさんおられます。
スイーツやパンでも、今年は日本が世界一を獲りました。
日本人、ほんと頑張り屋さんですよねぇ。。。

私もコーヒーの難しいことは(も)全然分かりません。
(ウンチクより、飲んでおいしければそれでいいぢゃんタイプ^^;)

あの数々のにゃんだるまの名作を作られたたまごさんなら
にゃんこのラテアートもきっととても可愛らしく仕上げられると思います。
(正確にはピックを使って描くのはデザインカプチーノといいます)
つくられた時にはぜひせびご披露くださいね~♡楽しみにしています。
by: donguri* * 2012/03/14 02:18 * URL [ 編集] | page top↑
--ももちゃんのママさま--

お待たせしました^^

カップの大きさ、写真だと大きめに見えるかもしれませんが
ごくごく標準サイズです。
ラテアートを売り物にしているお店は
このカフェよりふたまわりほど大きなサイズのカップを
使っているお店もあります。

コーヒー豆、一見して違いが分かりますよね~。
これ見せられちゃうと、やっぱりEspresso Vivace焙煎にせざるをえない(汗)。
コストパフォーマンス的には、正直?です^^;
(シアトルのカフェはどこも東京よりお安めでした。円高の影響もありますが)

来週からは寒さも緩むようですので
山下公園&中華街お散歩がてら行ってみてください♪
by: donguri* * 2012/03/14 02:04 * URL [ 編集] | page top↑
--No title--

ラテアートの大会の様子(日本?どこかのブロックかは忘れました)をTVで見ました。
お若い女性が二年続けての優勝でした。

コーヒーは(も)さっぱりわかりません。。
香りは大好きで、リラックスします。
後味がすっきりで、優しい味のが好きです♪

ラテアート、まねっこしてみたいですね♪
やっぱり、にゃんこを描きたいです^^
by: たまごさん * 2012/03/13 14:51 * URL [ 編集] | page top↑
--ついに登場ですね!--

どんぐりさんの説明を読んでいるうちに、
シアトルでの日々が思い出されてきました。
ラテのカップも大きめのようで、
アートもしっかりしていますね。
なにより、シアトルから空輸しているという豆のすばらしさ。
一目でツヤがあり、ふっくらしているのがわかります。
そして、氷川丸が横浜⇔シアトル航路の客船だったとは…
なにか不思議の世界に迷い込んだような気がします。
ぜひ訪れたいカフェです。
ご紹介ありがとうございました~~
by: ももちゃんのママ * 2012/03/13 14:21 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

Next Home  Prev

プロフィール

donguri*

Author:donguri*
まいにち みつける 茶色な しあわせ

茶色な愛猫
(通称:茶色さん♀)
一杯の紅茶
焼き菓子とおいしいパンたち
手のひらいっぱいの木の実
異国で拾った石
茶色にかこまれ暮らしています

写真は2011年8月頃までは
IXY 910ISで
2012年末頃までは IXY 31Sで
それ以降はNikon 1 J1で撮影しています
(一部スマートフォン撮影も)

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。