SOMETHING BROWN

2017 / 05
04≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 ≫06

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 コメント:- トラックバック:-

レンガ壁とほうじ茶ラテ

2013/11/08(Fri) 12:00
4200003.jpg


レンガ壁と木のテーブル、そしてレトロ調な布張りのソファ。
すべてが茶色なBROWN空間でいただく、ほうじ茶ラテ。

ふぅぅ おちつく。。。

先日ご紹介したmAAch ecute(マーチ エキュート)神田万世橋の中にあるカフェ
フクモリ

山形の旅館が母体となったお店で
野菜や山形牛など山形のおいしいモノが食べられますが
この日は晩御飯前の時間に訪問したため
お茶利用で。。。


4430004.jpg

ここも高架下の構造を生かした通路でスペースが繋がっていて
丸い天井のため、ゆるやかな開放感があります。

外のデッキに出れば・・・

4100002.jpg

ゆるゆると神田川の流れ。

カフェの隣には「タナフクモリ」と呼ばれる物販コーナーが。
山形のものに限らず
おしゃれ雑貨、本や椅子なども並んでます。

3880004.jpg

いちばん最初に目についたのは、これ ↓

3930001.jpg

『猫に蛸』!
山形県米沢市に200年以上続く「相良人形」のものだそう。
手書きの顔がひとつひとつ違うのがかわいい。

でもちょっとお値段張ったのでガマンして
このクールなコ ↓ を連れて帰ってきました。

0050001_20131108030941794.jpg

ドットまねき猫さん。 (山形出身なのかは?)
福がドットきますように…なんちゃって。ダジャレ失礼。


いま『猫に蛸』の写真じっくり見てたら
やっぱり味わい深くていいな~ほしいなぁ、これ。
こんどはフクモリで山形のおいしいモノ食べて
『猫に蛸』連れて帰ってこよう。

あ、それとも山形行っちゃおうかな。


東京都下のおみせ コメント:4 トラックバック:-
コメント:
--さくままさま--

ね~面白い組みあわせ。
これリアルだったら大騒ぎ…タコアシで首絞め技するでしょ、きっと(笑
発祥を相良人形さんにきいてみたいですよね♪
by: donguri* * 2013/11/10 23:26 * URL [ 編集] | page top↑
--たこ!?!--

なぜ?(笑)
猫と魚の組み合わせならありそうですけどタコは見たこと無いですよね~!
しかもタコに抱き付かれてるんですね(≧▽≦)!?
by: さくまま * 2013/11/09 11:25 * URL [ 編集] | page top↑
--amiさま--

明治の方々は、この場所をどんなふう使われていたのでしょう。
壁に耳をよせて思いを馳せる、、、素敵ですね~。

ほんと。。。和の雰囲気ありつつもモダンで大人な空間ですよね。
お客様がいらしたので撮影できませんでしたが
ソファ席はそれぞれ違う感じのソファが並んでいて、おしゃれでした。

勝手な想像ですが、母体の山形の旅館3軒をまとめる
企画上手なプロデューサーのような方がいらしたのでは?…と思います。
山形、おいしいモノたくさんありますから~♪
by: donguri* * 2013/11/08 23:34 * URL [ 編集] | page top↑
----

和モダンというのでしょうか。椅子の生地、床、天井などなど、どこも違和感がなくても落ち着ける素敵な場所ですね。
何故に山形なのでしょうか。それもまた面白い。
壁に耳を当てたら昔の人の息づかいが聞こえてきそうですね(^_^)
by: ami * 2013/11/08 16:34 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

Next Home  Prev

プロフィール

donguri*

Author:donguri*
まいにち みつける 茶色な しあわせ

茶色な愛猫
(通称:茶色さん♀)
一杯の紅茶
焼き菓子とおいしいパンたち
手のひらいっぱいの木の実
異国で拾った石
茶色にかこまれ暮らしています

写真は2011年8月頃までは
IXY 910ISで
2012年末頃までは IXY 31Sで
それ以降はNikon 1 J1で撮影しています
(一部スマートフォン撮影も)

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。